スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレ注意】グラゼニ 東京ドーム編 62話"帰ってきた男" 【モーニング速報】

2016.02.07.Sun.10:16
グラゼニ 東京ドーム編 62話"帰ってきた男"




凡田が東京ドームに、先発として帰ってきた。



そして、対戦相手は古巣の元エース椎名さん。



スパイダースの選手たちは、













スポンサードリンク









オープン戦でわざと空振りしたのが功を奏し、

凡田が先発としてきたのだと考えている。



スパイダースの並越監督

並越『夏之助を5回までマウンドにいさせたらウチは大恥だ!』










凡田、ここまでブルペンではMAX140キロ。

試合では135キロ。

スパイダース、1番センター、大川。


初球で速い球を意識して投げる。


凡田『速い球・・・・いけ』








これを相手が初球から振りぬく。



打球は外野まで飛んでいくが、

フェンスギリギリのセンターフライ。











安堵する凡田。


凡田が球速を確認すると、130キロ。

全然速い球ではないことに驚く。





大川はホームランだと思っていたが、

意外と伸びなかったことにショックを受ける。












2番、日暮。

ここも初球から振ってくる。


凡田の球に対して

日暮『もらい!』


とおもうが、これもフェンスギリギリの外野フライ。










たった2球で2アウトを取った凡田。




3番、大野。

山梨の同郷対決。









凡田は早い球を投げようと、丁寧になげる。


しかし、これも思いっきり甘い球。

大野『うわっ、打ってくださいと言わんばかりのボール!』


誰もが"いった!!"


と思ったが、これもスタンドには届かず。



これも球速131キロ。



3球で3アウトを取った凡田だが、


解説のトクさんや記者のセキネさんは、

凡田の調子に疑問を抱く。

『こんなんで何回まで持つ?』
『これはいいんだか、悪いんだか』








モップスの監督も、いいのか悪いのかわからない。



続いてマウンドにはスパイダースの元エース椎名が。


椎名、優勝してからの2年間で2勝しかできず、

4億あった年俸も1億5千万になった。




椎名『夏之助なんかには負けられない』










感想
凡田。

だめだろ。


これ、打たれるよ。


監督も気付いてるようだし、

これは早めに変えないと。


試合で130キロとか、ダメなんじゃないのかな?

高校生くらいなのかな?130キロって。

それだとプロだとうちごろなんじゃないでしょうか。


ちょっと力んでしまった感じがあるんで、

ダメだっただけで、

2巡目とかになると、ぼかすか打たれるんじゃない?

大丈夫か?



まぁそう簡単に復帰がうまくいってもね。

つまらないから、


とりあえず、この試合は打たれて降板でいいんじゃない?


それでさ、もう一回2軍から調整しなおした方がいいよ。


まぁそれに、次の登板まで2週間あるわけだし、


その間に、問題点とか自分の状態を再確認した方がいいと思います。



それにしても、スパイダースもオープン戦んで仕掛けた罠を

しっかり使わないと、もったいないよ。


とはいっても、この1試合だけで、

凡田の現状が丸裸にされちゃうからね。きっと。


今日でしっかり勝ち星を拾っておかないと、まずいよね。




まぁ今回は、凡田は負けるでしょう。


きっと。たぶん。




ということで、次回を楽しみにしてます。

皆さんの感想をお聞かせください。




2016年1月22日、最新刊5巻発売










ヤンジャンランキングやってます。投票お願いします ↓
【延長】【漫話室主催】第1回歴代ヤンジャンランキング開催中 7月中旬まで




マンガ部屋へ引っ越しました!!
マンガ部屋




関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。