スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレ注意】グラゼニ 東京ドーム編 76話"嫌われ者" 【モーニング速報】

2016.05.31.Tue.00:48
グラゼニ 東京ドーム編 76話"嫌われ者"









モップスvsカーナビーツ戦はモップスの勝利。


試合後


監督『すまん、杉浦。禁忌(タブー)を犯してしまった』
『則川にはスマナイことをした』
『目先の一勝に目がくらんでしまった』
『長いシーズン、則川に機能してもらわにゃならんことはわかっていたが』
『あの時、ピッチャー則川と言う勇気が持てなかった』
『アイツの面目を丸潰れにしてしまった』










スポンサードリンク














後悔する監督。

凡田は、5回5失点での勝ち星に複雑な思い。











則川宅

則川の妻も、8回のドタバタに気づいており、

則川の扱いに関して、監督を恨む。












監督室

監督と杉浦が次の凡田の登板について話している。

この2戦の結果を考えると、一軍のピッチャーとしては

良くない成績。


しかし、次の試合の候補は5月6日の名古屋ワイルドワンズ。


杉浦『ちょっと1軍の試合に投げさすのが不安になってきましたが』
『ただワイルドワンズは対戦相手としては悪くはないんですよね』
『野手のレギュラー8人のうち、5人までが左打者』
『左ピッチャーを積極的に当てていきたいチームです』









ということで、まずは予定通りに凡田を先発するという事で、

凡田を呼び話をする。




ワイルドワンズと聞いた凡田だが、

これまでの戦績から、自信ない返事。











凡田『中19日、ワイルドワンズは左だらけ』
『がんばらないとダメですよね、僕』


弱気な凡田に、別の提案をする杉浦。


杉浦『敵地になってしまうが、名古屋ドームはどうかな?』
『名古屋ドームはホームランが出づらい球場だ』



まずはホームランの恐怖を獲り去ろうとする。



監督『ちょっと空いてしまうが、5月20日の名古屋ドームはどーだ?』
『そーすると中33日になってしまうが』
『その間に1,2回2軍で調整登板するとかして』



凡田、これを承諾












一方、ワイルドワンズ。


ワイルドワンズは日本シリーズ2連覇中。

現在の順位は1位。


そのチームの監督、北王子は、球界の勝者になりつつあった。


北王子は記者に対しても『ボチボチですね』と答えるだけで、

他人を寄せ付けないオーラを放つ。









大物OBに対しても、特に挨拶もしない。



ワイルドワンズの監督室。


そこには監督のマネージャーの石塚がいた。

監督は天皇、石塚は影の天皇と呼ばれている。



北王子『おごる平家は久しからず』
『俺達の事をそんな風に言って早く滅亡することを』
『楽しみにしている輩もいる』
『だが、そんな風には絶対ならん。なぁ石塚』








石塚『強者のおごり』
『ふふ、そんな風に言われるのは光栄だよ』





5月20日

凡田の今日の相手は、真部立ちの渋谷章。

現在6勝4敗でハーラートップ。


凡田『アキラはこの2年、日本シリーズ進出に貢献して』
『年俸も1億5千万になっている』
『そして今シーズンも』
『もうアキラはワイルドワンズの堂々たるエースになっている』










感想
凡田、自信なくしてますね。

まぁ当然でしょう。


ここまでの勝ち星は完全に、

自分の実力ではないからね。

運よく勝たせてもらった感じだからね。


自信を無くすのもしょうがないでしょう。



で、次は1カ月あけて、ナゴヤドームですか。


今度こそダメな気がするな。


前の二人はなんか微妙な二人だったような気がするけど、


今回は完全なるエースということで、

厳しい戦いになりそうですね。



ということで、次回を楽しみにしてます。

皆さんの感想をお聞かせください





2016年4月22日、最新刊6巻発売
















ヤンジャンランキングやってます。投票お願いします ↓
【延長】【漫話室主催】第1回歴代ヤンジャンランキング開催中 7月中旬まで




マンガ部屋へ引っ越しました!!
マンガ部屋




関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。